倫理経営
cross
cross

企業倫理を守り、金融の発展に貢献します。

マネーボックスは透明な倫理経営及び役員の正しい倫理意識の向上により、
健全な両替が定着されることに貢献し、
顧客保護及び企業価値の拡大により、両替産業の発展を目指します。

第1節 基本原則

1. 信義誠実
マネーボックスと役員は、率直と信頼を一番の価値観にし、信義誠実の原則に基づいて業務を充実に遂行する。

2. 充実の義務
マネーボックスの役員は金融人としての誇りを持ち、専門性を維持するために努力し、銀行の継続的な成長と金融産業の発展のため、業務を充実に遂行する。

3. 法律を守る
マネーボックスと役員は、業務を遂行するにあたり、関連法律及び諸規定を十分に理解し守る。

4. 市場の秩序を尊重する
マネーボックスと役員は、公正で自由な市場経済の秩序を尊重し、これを維持するために努力する。

5. 顧客を優先する
マネーボックスと役員は、常に顧客の立場から考え、顧客により良い金融サービスを提供するために努力する。

6. 株主の価値を極大化する
マネーボックスと役員は、合理的な意思決定と透明な経営活動により、株主やその他利害関係者の価値を極大化させるため、最善を尽くす。

第2節 マネーボックスの義務

1. 顧客に対する義務
① マネーボックスは顧客が満足・信頼できる金融商品とサービスを提供し、新しいサービス文化を生み出すために努力する。
② マネーボックスは顧客の資産と情報を、関連法律に基づいて安全に保管・管理し、顧客のプライバシーが侵害されないよう、最大限に注意する。

2. 役職員に対する義務
① マネーボックスは役職員個人の創意性と能力が十分に発揮される業務環境及び組織文化を形成するために努力する。
② マネーボックスは役職員の基本的人権を尊重し、性別・宗教・出身、学校・出身地による絆、障害などによって差別せず、成果・能力により公正に評価し、適切な報償をもらえるようにする。

3. 経営側の責任
マネーボックスの経営側は従業員に対し倫理教育を行うなど、正しい倫理文化を定着させるために努力する。

4. 協力会社との共存
マネーボックスは協力会社との公正な取引による共存の関係を目指し、優越性のある地位を利用して不公正行為を行ってはならない。

5. 模範的な企業活動
マネーボックスは適法的で正当な企業活動により他の企業の模範となり、求められる社会的責任と役割を充実に遂行する。

6. 環境保護
マネーボックスは環境保護が未来においての継続可能な発展の必須条件であることを認識し、関連法律を守り、関連活動に積極的に参加する。

7. 社会貢献
マネーボックスは社会的責任を持つ企業として、社会貢献活動を積極的に行い、役職員に健全で自発的な社会奉仕活動に参加することを勧める。

倫理経営
cross
cross

企業倫理を守り、金融の発展に貢献します。

 

マネーボックスは透明な倫理経営及び役員の正しい倫理意識の向上により、
健全な両替が定着されることに貢献し、
顧客保護及び企業価値の拡大により、両替産業の発展を目指します。

第1節 基本原則

1. 信義誠実
マネーボックスと役員は、率直と信頼を一番の価値観にし、信義誠実の原則に基づいて業務を充実に遂行する。

2. 充実の義務
マネーボックスの役員は金融人としての誇りを持ち、専門性を維持するために努力し、銀行の継続的な成長と金融産業の発展のため、業務を充実に遂行する。

3. 法律を守る
マネーボックスと役員は、業務を遂行するにあたり、関連法律及び諸規定を十分に理解し守る。

4. 市場の秩序を尊重する
マネーボックスと役員は、公正で自由な市場経済の秩序を尊重し、これを維持するために努力する。

5. 顧客を優先する
マネーボックスと役員は、常に顧客の立場から考え、顧客により良い金融サービスを提供するために努力する。

6. 株主の価値を極大化する
マネーボックスと役員は、合理的な意思決定と透明な経営活動により、株主やその他利害関係者の価値を極大化させるため、最善を尽くす。

第2節 マネーボックスの義務

1. 顧客に対する義務
① マネーボックスは顧客が満足・信頼できる金融商品とサービスを提供し、新しいサービス文化を生み出すために努力する。
② マネーボックスは顧客の資産と情報を、関連法律に基づいて安全に保管・管理し、顧客のプライバシーが侵害されないよう、最大限に注意する。

2. 役職員に対する義務
① マネーボックスは役職員個人の創意性と能力が十分に発揮される業務環境及び組織文化を形成するために努力する。
② マネーボックスは役職員の基本的人権を尊重し、性別・宗教・出身、学校・出身地による絆、障害などによって差別せず、成果・能力により公正に評価し、適切な報償をもらえるようにする。

3. 経営側の責任
マネーボックスの経営側は従業員に対し倫理教育を行うなど、正しい倫理文化を定着させるために努力する。

4. 協力会社との共存
マネーボックスは協力会社との公正な取引による共存の関係を目指し、優越性のある地位を利用して不公正行為を行ってはならない。

5. 模範的な企業活動
マネーボックスは適法的で正当な企業活動により他の企業の模範となり、求められる社会的責任と役割を充実に遂行する。

6. 環境保護
マネーボックスは環境保護が未来においての継続可能な発展の必須条件であることを認識し、関連法律を守り、関連活動に積極的に参加する。

7. 社会貢献
マネーボックスは社会的責任を持つ企業として、社会貢献活動を積極的に行い、役職員に健全で自発的な社会奉仕活動に参加することを勧める。